杜祐祠「感動」

| コメント(0)

杜祐祠さんの作品ー杜祐祠さんの詩「感動」を紹介します。 

感動 

君は感動することを忘れたのだろうか

君は言う、

映画を見ていると感動に涙することがあると

君は言う、

スポーツを見ていると感動に涙することがあると

 

そんな感動はごみ箱に捨ててしまえと僕は言う

僕は思う、

ごみ箱に捨てる感動さえ自分は持っていないと

僕は思う、

感動することさえ自分は忘れてしまったのだと

 

ある日、感動という名の雷鳴が心に突然とどろいた。

雷と共に激しい雨が心の中にふってきた。

僕はその雨の中に傘もささずに飛び出した。

 

僕は感動することを忘れたのだろうか

君は言う、

雨の中に傘もささずに飛び出した貴方は感動的だったと

僕も言う、

雨の中に傘もささずに飛び出した僕は感動を覚えたと

 

僕は感動することを忘れたのだろうか

君は言う、

すべてが感動的よ、映画、スポーツ、そして貴方の人生

僕も言う、

すべてが感動的だ、映画、スポーツ、そして我々の人生

コメントする

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.3