2009年7月アーカイブ

法科大学院の学生用参考書の刊行

| コメント(0)

弁護士のための租税法(クリックするとamazonの検索画面に飛びます)をクロスボーダーM&A弁護士、加本亘氏と共著で上梓いたしました。

この本は弁護士の目線で租税法を説明しています。そして、法人税、所得税、消費税の基本三法に加え、組織再編、連結納税、国際税務の解説も網羅しております。

更に、新司法試験(租税法)の過去問題3年分と、それら年度の模範解答、解答にあたっての検討事項、参考条文も載せています。更に、代表的な税務訴訟の判例解釈も載せています。本著で取り上げた税務訴訟は、まさに今後の租税法の想定問題と看做すことができます。そして本著の判例解釈は、想定問題の模範解答になります。

まさに"法科大学院の学生必携の書"ではないかと思い、ここに紹介させてもらいます。  

 東京工業大学の丸山先生は、現代のガリレオかもしれません!天動説の世の中で地動説を唱えているようです。

の友人より薦められた丸山茂徳氏の著書「地球温暖化」論に騙されるな!(クリックするとamazonの検索画面に飛びます)を紹介いたします。彼は、一刀両断に「温暖化=二酸化炭素犯人説」を誤りと断言しています。「今後の太陽活動の変化、地球磁場の増減による地球に降り注ぐ宇宙線の量の変化、これからの地球の軌道を考慮すると、地球は確実に冷却化して行く、温暖化ガスの影響はそれに比べると微々たるものである」が丸山先生の結論でした。天動説の世の中で地動説を唱えているようです。

更に先生の議論は、地球の冷却化⇒戦争勃発と・・・風が吹けば桶屋が儲かる的議論に発展していきます。この議論は学者の議論でないような気がしたが率直な意見です。傾聴に値するのは、地球は確実に冷却化して行くという学者の意見です。

司法修習生のみなさまへ、

弁護士のための租税法(クリックするとamazonの検索画面に飛びます)をクロスボーダーM&A弁護士、加本亘氏と共著で上梓いたしました。

この本は弁護士の目線で租税法を説明しています。そして、法人税、所得税、消費税の基本三法に加え、組織再編、連結納税、国際税務の解説も網羅しております。更に、ビジネスローの分野で活躍する弁護士の方々に興味あると思われる税務訴訟の判例解釈もしております。

ビジネスローの分野で仕事することを考えている司法修習生のみなさまに有用な書と思い、ここに紹介させてもらいます。  

弁護士のための租税法(クリックするとamazonの検索画面に飛びます)をクロスボーダーM&A弁護士、加本亘氏と共著で上梓いたしました。

この本は弁護士の目線で租税法を説明しています。そして、法人税、所得税、消費税の基本三法に加え、組織再編、連結納税、国際税務の解説も網羅しております。更に、ビジネスローの分野で活躍する弁護士の方々に興味あると思われる税務訴訟の判例解釈もしております。

まさに"弁護士必携の書"(出版会社の編集者の意見!)ではないかと思い、ここに紹介させてもらいます。  

最近のコメント

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.3