デリバティブ取引に関る税務訴訟-判例評釈 

| コメント(0)

多額のドル建て債券を所有する保険会社(米国の保険会社の日本支店)の為替差損の取扱いについて納税者と課税庁との間で争われた税務訴訟の判例評釈 をご紹介します(クリックすると当該記事が読めます)。この評釈は、税務事例(2014年12月号)に掲載されたもので、税理士の芹澤光春氏の評釈です。

本税務訴訟での争点は、デリバティブ取引に関心ある方、通達と税法の関係に関心ある方にとって興味あるものと思料いたします。それら争点を芹澤税理士が的確にまとめています。

コメントする

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.3